高い構造性能 | 日泉建設株式会社

建売だけど建売じゃない『日泉建設』の家。 鹿児島の家づくり・土地探しのことなら日泉建設にお任せ下さい。

日泉建設はモノコック工法を採用しています。モノコック工法とは日本伝統の木造在来軸組と2x4(ツーバイフォー)をミックスした複合工法です。
あらゆる方向からかかる外力を建物全体で分散して受け止める事ができるので積雪や縦揺れの地震など、上から下への「鉛直荷重」も、地震や台風などの横からの「水平荷重」にも強さを発揮します。
日泉建設のモノコック構造は、柱等の内部の軸組に面(耐力面材ダイライトパネル)の相乗効果で最高の強度を確保します。
構造用合板だけで組む2x4(ツーバイフォー)よりも強い強度と壁倍率が得られます。

地盤調査については、一般的に用いられるスウェーデン式サウンディング試験に加え、ジャパンホームシールド社による正確な調査・解析を行っています。


  • 予備調査や周辺調査、位置調査など正確かつ詳細なデータを収集します。


  • 調査で収集したデータを、独自のスキル、ノウハウを駆使して徹底的に解析した上で検討。地盤の周辺状況や柱状図から、建設予定地の不同沈下しない地盤の対応策を立案します。

  • 解析によって導かれた結果をもとに、その土地に適した基礎仕様を提案します。
    詳細なデータや現場写真を添付した「地盤調査報告書」にて、調査結果を報告します。

□ベタ基礎
布基礎と比べてベタ基礎は基礎全体が一つの構造となるため災害に強い基礎となります。

□基礎パッキン工法
基礎パッキン工法により基礎内の空気の流れを作り、通気性を高めます。

土台となる基礎、柱などを配置し骨組みが出来上がったら、床や壁などの生活空間や外回りを作り上げていきます。
災害に強い家は、骨組みだけでなく、それらをつなぐ壁や床もしっかりしていなければ強さが半減してしまいます。
私たちの家は、家を一つの構造体とみなし、精度と強度の高い部材とそれらをつなぐ金具にもこだわり、熟練した職人の腕で作り上げます。
安心して暮らせる住まいを作るために目に見えない部分の強さにこだわっています。

日泉建設では床・壁・柱などの素材の耐えうる力を高めるために、改正建築基準法の基準を上回る金具により躯体構造体を高い水準で均一に接合。
断面欠損も少ないため、在来工法に比べ、外部から作用する力(加重・地震・台風)などに対して格段の強さをもちます。


プレカットの特徴

□均一な品質
コンピューターを採用した合理的設計・加工システムにより品質にばらつきがなく均質な部材を生産することができます。
□高い精度
機械加工により、精度の高い部材を生産します。高精度の継ぎ手・仕口加工は高い耐久性の確保にもつながります。
□耐久性
加工した木材は防腐・防蟻処理を行いますので、優れた耐久性を持つことができます。


床部分には、強固な構造用合板を採用。
地震時や災害時に起こる建物の揺れ、ねじれにも強さを発揮します。 ねじれにも強い丈夫な床構造