充実した快適仕様 | 日泉建設株式会社

建売だけど建売じゃない『日泉建設』の家。 鹿児島の家づくり・土地探しのことなら日泉建設にお任せ下さい。

目に見える場所はもちろんのこと、屋根や壁に隠れて見えない細部に渡って最善の方法で施行し、災害に強い・快適な「本物の家」作りを行っています。


住宅の高気密・高断熱化に伴い、壁体内部の結露が原因で構造体が腐朽するといった問題の解決が課題です。外壁通気工法は、外壁材の裏面に空気の通り道を作ることで湿気を放出・乾燥させ、結露の防止と共に冷暖房の効率アップに寄与。

鹿児島の夏は暑いだけでなく、桜島の火山灰のために窓を開けることができず、エアコンが欠かせません。
夏場は外からの強い日差しで建物自体が熱を持っているため、日中はエアコンの効いていない廊下などとの温度差が大きくなって不快に感じることがあります。
私たちの家は家全体を遮熱シートで覆うことで、外からの熱による影響を受けにくくしています。
結果として家の中に熱がこもらず、少ないエアコン使用量で効果的に室内の気温を調節できます。
また、断熱材を入れることで外の温度に影響されない「夏涼しい、冬暖かい」家になり、必要以上にエアコンに頼らない省エネで地球と家計にやさしいエコ住宅を実現しています。

今ではすっかり定着した「Low-eガラス」と呼ばれる二重窓のサッシを当社の家でも採用しています。

Low-eとは(Low Emissivity)「低放射」という意味で、赤外線を反射して太陽の熱を室内に伝えにくくします。
夏の強い日差しによる熱を遮ることで、室内の温度上昇を和らげてエアコンの効果を高める効果があります。
遮熱シートとの併用によって、さらに省エネに繋がるエコ住宅の必需品だといえるでしょう。

日本といっても北海道と鹿児島県では全く気候が異なります。

また、緯度や経度によって日の高さや日の周りも異なっています。
私たちは、地域による気候の違いや季節ごとの鹿児島の太陽や風の向きなどにも注意し、夏の強い日差しを避け、冬は暖かい太陽の光が家に差し込めるよう軒の長さや窓の配置にもこだわっています。

朝は気持ちの良い日差しが入るように、夕方にはきつい西日をできるだけ避けるように建物の向きを調整したり、日差しを和らげる木を植えたりして快適な住まい作りを行っています。